慣れを意識する

姿勢

鍼灸学校に通っている時、まず鍼を鍼管という筒に片手で入れる実技をします。
片手挿管と言います。

最初、とてつもなく難しく、ただ鍼を鍼管に入れるだけですが
口が一緒にへの字に曲がっていたように思います。

今、何も考えなくてもできます。
当たり前ですが、それに意識を持っていかれたら治療どころではありません。

しかし、稀にスムーズに入らないことがあり
治療にもリズムがあるので、その時は不快です。

意識しなくてもできる、またそれが頻回になればなるほどクセが出ます。

クセは漢字で書くと(癖)ヤマイダレにヘキ。
このヘキにはかたよるという意味があるそうです。

文字通り、かたよって病気になるのです。

意識しなくてもできる=慣れ
と考えると、慣れたことを意識できない状態は
やがて病気を招くと言うことができます。

歩く、座る
当たり前にできてしまっていることに
意識を注ぐことの大切さがそこにあります。

患者さんは見ていなくても
かっこよく見える片手挿管を考えてやることがあります。

11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

10月の営業日

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日