HOME日々のこと(ブログ)ドケルバン病・手根管症候群

ドケルバン病・手根管症候群

ドケルバン病・手根管症候群

ドケルバン病、手根管症候群は手・指・手関節の症状の代表格です。
ここ最近、この症状で来院の方がとても多いです。

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

いずれも、トンネルのような構造体を腱鞘、神経が通過する際
空間が狭まって起こるものとされます。

局部への頻回な刺激、過負荷は当然、症状を表面化させたり憎悪させることになりますが
よく観察すると、体の中心から離れた手でありながら、体幹のねじれや
肩甲骨に対する上腕骨の位置が正しくないことに気付きます。

利き手で症状再現があれば、先に述べた理由が真っ先に考えられますが
対側で起こるケースは説明がつかないことになります。

中心に対して傾いた軸は、らせん状に力を中心から末端へと伝え
拮抗的な働きをする筋の力加減に隔たりが生まれ
左右、前後、上下のバランスを破綻させることになり、症状へと繋がります。

早い段階で、炎症を鎮め正しい構造に戻すことが必要と考えます。

慢性化の場合、正しい位置に戻すには時間がかかり
粘り強く施術していく必要があります。

終末的に手術に至る、明確な線引きはありませんが
緩解、憎悪、どちらの傾向にあり日常に支障がどの程度生じるかは
判断材料になると思います。

いずれにしても、症状緩解には全身のアライメント調整が必要で
痛みのある場所だけ施術するということはありません。

 

11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

10月の営業日

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日