確かなもの

鍼灸、その他治療

今日では、科学の力を目にすることが多くなりました。

医療では病気や症状に、より有効な治療法が
多く科学によってもたらされてきています。

更に、インターネットにより、それを早く知ることができ
情報の共有も可能になってきました。

しかし、鍼灸などの伝統医学がその効果について根拠を求められると
今の時代であっても難しいままです。

科学にはわかりやすさ、その一つに可視化があります。

一目見てわかる。例えば数字で表すことができる。
つまり、視覚で捉えることができる情報を科学は示すことができます。

人が持つ感覚で最も優位なのが視覚です。
生命活動で五感のうち約9割を占めるとも言われます。

よって、味(覚)や匂い(嗅覚)について数字で表せることは
視覚を用いることで抽象を具体化できたと言えます。

しかし、例えば卓越したソムリエの選ぶ一品は、間違いないものですが
彼らが味だけで評価しているかと言われると、そうではありません。

もちろん、味覚優位かもしれませんが、色、匂い、形など、五感を駆使し
更に、他との相性や雰囲気などの抽象素材も考慮するはずです。

そして、選ばれた一つが正解ではなく
科学だけでは表せない感性、感覚といったものが含まれて最良となります。

そしてそれは、経験を積めば積むほど、鍛えれば鍛えるほど
他が真似できない確かな答えになります。

鍼灸師は、皮膚を介した触覚(優位)をツボという形で捉えます。

ツボの大きさや性状は、硬さ、凹凸、乾湿、温度などが不均一状態で存在していて
触覚だけではない全ての感覚で感じ取れると認識します。

それは間違いではなく、そのツボに施術し
効果の確認を繰り返すことで、確かな答えになっていきます。

科学では証明できない現実があるというのも真実です。

12月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日