生きるための変化

健康寿命

インフルエンザの流行を知らせる記事をよく目にします。

NIID  国立感染症研究所のHPを見ると動向がよくわかります。
例年1月後半がピークになっています。

気温湿度の環境因子は大きな要因と思われますが
子どものころ、これほどまでにインフルエンザが流行った記憶は
忘れているのかもしれませんが、思い出せません。

ウイルスや細菌などの微生物は、まだまだ未解明なことが無限にあると言われますが
今流行りの腸内細菌からわかってきたことのように
他の生物との共存で役割を果たすものも多く存在します。

特徴と思われるのは、その増殖能力と柔軟な変化だと思います。
生きるために場所と形を変える能力が高いということです。

一方で、共存する人間はというと、自身の形を変えず
悪影響を与えるものを排除するという方向にベクトルを大きく伸ばしています。

一年を通して、同じ環境が保たれる建物、空調。
気温湿度は四季を通して一定。遮光によって光は当たらず。
細菌駆除の抗生物質。抵抗力を賦活する間もなく除去。

免疫力を高めるには、生活習慣の見直し
つまり、まずは自分自身を変えることが必要だと考えますが
これらは、変化したくない保身ために、周囲を変えたと捉えることもできます。

発展途上の昔が良かったという意味ではなく
守られるものがなかったからこそ
自分で身を守ろうとする精神が強くあったように思います。

これは、生活習慣を起源とする身体の不具合にも言えることで
痛いつらいが、それまでの生活の(過去からの)延長線上にあるとすれば
悲鳴を上げた今、まずしなければならないことは、それを省みることだと思います。

治療の最初の評価は、どこがどうなっているか、を判断するものですが
こうした経緯も、治療内容や予後の見極めに重要な情報になると考えます。

12月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日