HOME日々のこと(ブログ)ライフスタイル

”知る“と”知ってしまう”

ライフスタイル

知らないことを知りたいと思うのは素直な感情です。
また、それについて調べて探究するのは当然の行動です。

刑事もののドラマでお馴染みの、遺伝子解析は医療分野でも当たり前になっていて
ウイルスの特定から病気の遺伝、性格判断まで分かることはどんどん増えています。

スポーツの世界でも、優れた能力の裏には
遺伝子の関わりがあることがわかってきました。

とはいっても、あるDNAをもって高いパフォーマンスに結び付けるのは至難の業で
ある高い能力を持つ人の共通項が特徴的であるといった内容です。

しかし、これによって将来、今は想像さえできないある可能性を秘めた自分の姿を
事前に知ることができるようになってきたということになります。

あなたは実は100mを9秒台で走れる可能性が高いです。
あなたは将来ガンで亡くなる可能性が高いです。

おぎゃと産まれた瞬間に、このようなことを目の当たりにしたとして
どのような生き方をすれば良いと考えるでしょう。

知ることで、未然防止ができたり
モチベーションが上がったりすることは良いことですが
知ってしまう将来像からの引き算の今は、充実するのか?と考えてしまいます。

難しいパズルを解いた時のすっきりした気持ちは
目の前の問題をひとつずつ消化したからこそ味わえるもので
ということは、今、何が問題なのか提起でき
その解決法を色んな手段で講じているときである今に
充実を感じることができなければ
人生は不平不満でいっぱいになるのではないかと思います。

彼氏彼女、夫妻の携帯のように
知らないほうが良いことは間違いなくあります。

プラスをプラスに

ライフスタイル

小さな子を持つ親として、どうすれば子どものやる気を引き出したり
その気になってもらうか考えることは多いですが
育児書を読むとその多くに“褒める”ことで伸ばすとあります。

子どもにとっての日常は、できることがどんどん増えていき
楽しみや喜びに溢れて、色んな興味へと発展しますが
得てして少しの困難にぶつかると、簡単に背を向けてしまいます。

その対策が“褒める”。

難しいことを克服しようとするときにの褒め言葉は
確かに、子どもでなくても追い風になります。

大人になると、褒められることは極度に少なくなります。
褒められる代わりが報酬であったり役職地位であったりするのでしょうが
そもそもできて当然なことばかりなんでしょう。

痛みやつらい症状の原因を探るのは、言ってみれば粗探しです。
粗を浮かせて、その芽を摘むという作業です。

どんな仕事でも成果を上げるために行っているのは
この粗探しではないかと思います。

成長はマイナスをプラスにすることですが
プラスをもっとプラスにすることでも可能です。

褒めることはこのプラスのプラスに当たります。

症状把握のために、粗探しという推論立ては行わなければいけませんが
意識を高めたり生活そのものに活力を生むための
褒め言葉はとても有効だと感じます。

積み重ねられた科学

ライフスタイル

病気を紐解いていくと、細胞とか遺伝子といった究極の姿に行き着きますが
これらが病気その他の体の症状に関係があるとされ
研究され始めて、それほど長い時間を要していないのではないかと思います。

一昔前は、体に不具合が生じると神様に手を合わせていたと考えると
得体の知れない恐ろしい物体が浮き彫りになるというのは
心の痞えがとれ、それだけで楽になるものです。

科学が進めば進むほど、見えなかったものが見えるようになるわけですが
科学はあくまでも逆算的です。

現在事象をなぜ?という思考でさかのぼることで解明されます。

医療現場で行われているのは、これを基とする作業ですが
臨床とは想像、つまり将来を推測しながら
最高の一手を選択して遂行されます。

だから、多くの経験と知識、更にセンス
(元々備えられたものではなくて、知識の蓄積と実際の選択実施によって磨かれるものだと考えています)
といったものが必要だと考えられるし、結果にも大きく左右するのだと思います。

画像や数字的スケールで病態の見極めができない鍼灸師は
これらを駆使して評価、治療していかなければいけません。

どこをどのように操作すれば、症状緩解に至るか
即わかるようになると、名人と呼ばれるのでしょう。

膨大な情報からそこへ導くことができる名人はある種
根拠のない科学的な治療をしていると言えます。

科学は誰でも納得できる根拠となりますが
痛い、苦しい人の前では、その状態からの解放のほうが大事です。

症状と体の因果を緻密に考えることの積み重ねこそが
科学の構築だと信じ日々臨床に当たっています。

 

 

知人者智、自知者明

ライフスタイル

人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり

2016年、最も気に留まった言葉です。

自分の本質を知る人は少ないのではないかと思います。

人を快にする前に自分を中庸に保つことが大切だと感じました。

消長は自然の道理ですが

だからこそ自分を知る者が“智”よりも深い“明”である

という老子の言葉に表現されていると思えます。

無事に往く一年に感謝し

新たな一年に期待と希望をもって

健康に尽力できるよう努めたいと思います。

全体を見る意味

ライフスタイル

節目の時季を迎え、心身ともに慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。

開院十数年、季節と症状の因果は間違いなくあると感じていて
似たような症状での来院が増える傾向にあります。

どんなケースも、全身を評価することは変わりませんが
ルーティン化しただの作業にならないように注意しています。

それは基本的に、ヒトは偏見の塊だと思うからです。

悪い言い方ですが、偏った方向から見ることが常です。

自分の持っている知識や情報自体既に嗜好性があって
ある方向に全てを導こうとするように思います。

自身のスケールで図ろうとすることに問題はありませんが
事実を捻じ曲げてはめ込むことはあってはいけません。

ある見解は他の見方の上にあってbestではなくbetterであるということを
念頭におかなければならないと思います。

世の中はお互いがパズルのピースのような機能で補完して成り立っています。

自分にない物差しが必要な場合は、それを持つヒトに委ねれば良いのです。

然るべき医療機関で精査が必要と思われる症例があり想像通りの結果でした。

全体(身)を見ることの意味は一つではないということです。

1月の営業日


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


12月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日