運動のススメ

健康寿命

昨日、3回目ワクチン接種を受けました。

日々の情報に2年経った今もまだ一喜一憂が続きますが
現在の科学が示す最も安心、安全が得られるコロナ対策の一つです。

中和抗体価が最も高いとされる交互接種(ファイザー×2、モデルナ)でしたが
局所の痛み以外の副反応はなく、今日一日いつも通り仕事ができました。

ワクチンはご周知の通り、病原体に対する抗体産生を促し
感染症に対する免疫力を得るものです。

2021年ベストセラーになった「スマホ脳」の著者
精神科医のアンデシュ・ハンセン氏の続編ともいえる「最強脳」には
運動がもたらす心身への恩恵が書かれています。

運動が大切だ、と言われ始めたのはいつかはわかりませんが
文科省の幼児期の指針をみると少なくとも10年以上言われ続けています。

便利は運動を奪う目的で追求されてきたわけではないでしょうが
極端に言えば、狩猟や農耕が生きるために必須だった時代は
日常の運動が生きるための手段だったのに対して
経済社会では、運動そのものを目的にしましょう、になっています。

運動はしなくても生きていけますが
長く健康を維持するためにやったほうがいいですよ、ということです。

生きることと健康であることに隔たりが生じているのに
運動の機会を作れないのが今ということです。

運動の時間を作ることで、免疫の獲得だけではなく
情報依存からも解放され、どうしようもないものに
一喜一憂していたことに気付くかもしれません。

科学の証明ではなく、運動は心身に良い影響があって
外邪の侵入に対する免疫力を高める、とヒトは薄々気付いています。

ワクチン以外の免疫獲得も可能です。

10月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





9月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日