HOME日々のこと(ブログ)鍼灸、その他治療

ツボの運用法

鍼灸、その他治療

鍼灸師が何を基準に施術するかというとツボ(経穴)です。

ツボは不規則に皮膚上に点在しているのではなく
経絡という縦横に走行する連絡網上に存在します。

経絡は現代医学の神経や血管の走行とは似て非なるもので
科学の発展した現代でも説明できるものではなく
鍼灸の効果を経絡を使って説明しようものなら
胡散臭く聞こえたり、眉唾的な存在になってしまいます。

しかし、経絡の概念を使い施術することで、症状の緩解がみられるのも事実で
標準化された言葉や身体部位、機能を用いた施術効果の説明、理解は
各流派の諸先生方が躍起になって継承されているところだと思います。

鍼灸の歴史から考えて、当時身体の中を診ることは不可能でした。

よって、身体の外側、つまり皮膚表面上の特徴を捉えることによって
病態を把握し、そこにツボが運用されるに至ったと考えることができます。

そして、時間をかけてツボがそれ以外の場所や内臓との関連
そこを刺激することで症状が緩解するという経験を理論化し
経絡の型を作り上げたのだと思います。

b721968717170ebf5dcb70d2d4dcaa96_s

鍼灸の効果は、同じ経絡の概念を用いても
施術する者の裁量によって異なるのも事実です。

どの鍼灸師が施術しても、同じ効果が出せる方法論を構築されている先生もありますが
それは経絡やツボの運用法が違う、また、経験だといわれると話が終わってしまいます。
少なからず、既存の経絡の概念に応用を加える必要があるのではないかと考えています。

人間は動物です。動く物です。

ならば、動かしながら評価する必要があるのではないかと思います。

だから近頃、身体の連動や動的な鍼灸を推進しています。

 

 

筋肉の収縮と痛いところに施術しない訳

鍼灸、その他治療

筋肉が収縮し関節が動くことで人間は移動することができます。

これは一見、筋肉が縮むこと(距離が短くなる)が原則で成り立つ理屈ですが
筋肉は縮まなくても力を発揮し、移動に携わっているものもあります。

■アイソトニック・コンセントリック・コントラクション(等張性収縮・短縮性)
  筋肉の長さが変わる(短くなる)

■アイソトニック・エキセントリック・コントラクション(等張性収縮・伸張性)
  筋肉の長さが変わる(長くなる(強制的に))

■アイソメトリック・コントラクション(等尺性収縮)
  筋肉の長さが変わらない

いずれも、筋肉の収縮(力が入った状態)ですが、異なるのはその長さです。

おもりを腕(力こぶができる上腕二頭筋)の力だけで持ち上げるのを想像してください。

筋肉 腕

腕の力よりおもりが軽ければ、力こぶができ(筋肉が縮まり)持ち上がります。

腕の力よりおもりが重ければ、支えきれず腕が(強制的に)伸ばされます。
(筋損傷、いわゆる肉離れはこの収縮で起こります)

腕の力とおもりの重さが等しければ、動きません(長さが変わらない)。

人間が動くとき(じっとしている時も)これらの収縮が同時に起こって
移動することができたり、支えたりすることができています。

ある動きは、ある筋肉が単独で収縮することで行われるのではなく
全身の筋肉が、伸びたり縮んだり支えたりすることで可能になります。

つまり、全身の筋肉の連動によってスムーズな動きは実現されます。

痛みなどの症状は、この連動に問題があることが考えられ
それは症状部位に施術をしても、雑草の頭を刈ったことにしかならず
根本的な解決には至りません。

なぜそこに痛みがあるのか。

痛みを取ることよりも、動きを整えた方が効率が良いのです。

 

 

健康の質と鍼灸

鍼灸、その他治療

日本人死亡原因トップの悪性新生物(ガン)。
1980年頃かららしい。

ガンの10年生存率58%の見出しに目が留まった。

ガンの診断を受けて以降10年生きた人が58%。
これは全てのガンの平均値で、肝臓、胆嚢・胆道、膵臓は20%以下と著しく低い。

しかし、ガン=死の発想からすれば明るい情報かもしれない。

10年生存率の大規模データは初めてだそうだが
生存率の観点から、早期治療は好結果らしい。

そもそもガン治癒の目安は診断から5年生存らしいのだが
これも含め、ある境界を設けることは、物事を評価したり解りやすくするためには必要だが
それに一喜一憂するならば、この結果は良いのか悪いのか私には解らない。

私は常々、平均寿命よりも健康寿命を意識している。

健康寿命は日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のことであるが
ガンの診断を受けてもこれに当てはまる生き方を、先日51歳の若さで
膵臓ガンで亡くなったジャーナリストの竹田圭吾さんが見せてくれた。
竹田さんは亡くなる約1週間前まで仕事に従事されていた。

勿論、動けるかどうか身体の状態によるが
死と直面したときの前向きな生き方のお手本を竹田さんは示してくれたと思う。

私は、鍼灸は健康の質を高めるものだと考えている。

灸頭鍼

無くても生きていくことはできるが
円滑な日常の弊害になる痛みなどの苦痛を緩和させる鍼灸は
健康の質向上には必要なツールだ。

人の生き死にという終末的な直接関与ではなく
どんな状態でもクオリティを高めるという意味では重責を担っているし
クオリティが高まれば、健康寿命も延びるのではないかと思う。

丁度良いころ合い

鍼灸、その他治療

凝り性とは、一つの事に集中する様子をいうが
凝りはそれが体で現れる、つまり筋肉が硬く緊張した状態を指す。

緊張の正体は血液の流れが悪くなったり、滞った状態だと考えられている。

これを揉んだり押さえると気持ち良いと感じるが
一方で痛いと感じることもある。

ざっくり言うと、外からの刺激を脳に伝える末梢神経のうち
Aβとdorsal rootCという神経線維が同時に興奮するためで
あらゆる感覚を脳に伝える働きは神経が担う。

また、人は感情によってホルモンを分泌し快不快といった情動を持つが
経験的に快不快を知ることで想像だけでホルモンは分泌される。

マッサージを受けて、気持ち良いと感じるメカニズムは具体的に解っておらず
この神経の興奮とホルモンの働きが同時に起こるからであると考えられる。

同じ揉む、押さえるでも、その感覚を脳に伝える神経は違うし
快と感じるマッサージもあれば、不快に感じるものもあり
それらはまた、表から見て解るものではない。

鍼灸の刺激閾値も含め、鍼灸マッサージが経験の医学と言われるのは
身体の表面からその人に丁度良い機械的刺激を加えることで
症状を鎮静化させることができるからだ。

この丁度良いがとても難しい。

2560533859b52e7b6ec6efbb7edbf503_s

   

10月の営業日


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


9月の営業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30





【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日