真似

ライフスタイル

スポーツの世界で優れた選手の動きや、練習そのものを真似るということを
したことがあるという人は多いと思います。

外見的なモノマネだけでも、実際やってみると難しく
イメージを表現してもうまくいくケースはほとんどないのではないでしょうか。

今は、簡単に動画で見ることができるので
何度も繰り返し見ることができるはずなのに
うまくいかないのはなぜでしょうか。

人は同じ骨や筋肉を持っていても
それを連動させる関節や、全体的な身体バランスが異なるからです。

分かりきったことを言っていますが
結論を言うと、自分と他人は違うということです。

他人を分析、評価する前に、自分のそれを行ったほうが
効率的だし、効果的です。

その上で、ストロングポイント、ウィークポイントを見極めて鍛えることが
最も望ましいスキルアップになるのではないでしょうか。

鍼灸師にもこれが当てはまるように思います。

優れた治療家の、美しい鍼さばきや、小気味良いテンポは真似てもできるものではなく
仮にできたとしても、与える効果は違ったものになるはずです。
なぜなら、その動きは見た目以外の意味を持たないからです。

自分のスタイルを追求することが、治療効果を上げ
患者さんの役に立つのであれば、こんなに贅沢な仕事はないのではないかと思います。

 

真似ると言えば、余談ですが
昨日、小3の息子はドラえもんを見て、ジャイアンの捻挫の真似をして本当に捻挫して帰ってきました。。

%e6%8d%bb%e6%8c%ab
かめはめ波を何度やっても、スーパーサイヤ人にならなかったのに
ジャイアンの捻挫の真似をして、一発で捻挫しました。。
実際できる真似もあります。
小学生男子!くれぐれも真似しないように!お願いしておきます!

12月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日