バランスを保つ

ライフスタイル

バランスという言葉は具体的なのか抽象的なのか良く分からない。

バランスが良い容姿とは、左右、上下などで
見た目がより対称的に保たれていることを言うのだと思う。

違った言い方をするとシンメトリーがそれに当たるが
美的な評価に真逆のアシンメトリーが良いとすることがある。

写真や絵画で左右対称よりも
どちらかに比重が偏っている方がきれいに見えることがあって
ど真ん中で対称的なものが何だか変に見えたりする。

5c4a8fe862ab7300e856e6b27c22ca7b_s

日常の治療ではバランス良く、つまり左右対称を
手技の上でも最終評価でも基本的には心がけている。

ほとんどの場合、中心を軸に対称的になっていないので
よりそうなるように意識している。

しかし、人間は左右対称なようで実は異なる。
手、足、目、耳などは2つあるが心臓や肝臓などは1つしかない。

歩くとき、走るとき
昔、伴奏つきのジープが走っていた頃の箱根駅伝では
拡声器を使って1・2・1・2と選手に声をかけていたが
これは右が1なら左が2にしかならないのでアシンメトリーではないかと思う。
実際走っていて1・1・1・1という人はまずいない。

あぐらをかいたり腕を組むのもラクに安定するからだろうが
必ず左右の一方が上、もう一方が下になる。

人間は良いバランスを求めるが、実際は少しズレた形のほうが使いやすかったり
リズムがとりやすかったりするのだと思う。

このズレの幅がある境界を超えたとき
痛みなどをはじめとする症状や違和感に繋がるのだとしたら
やはりバランスを整えることは必要になってくる。

12月の営業日






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





11月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日