HOME日々のこと(ブログ)

身体評価

陸上

昨日、今日と2日、トラックシーズンを終え
冬期練習前の岡山商科大学陸上部選手の身体評価を行いました。

スポーツだけではなく、動作中のウイークポイントを推定する
一般的なFMS(Functional Movement Screen)という手法を使い
大まかにスクリーニング後、個別に詳細な動作から
できるだけピンポイントに絞った評価を目指しました。

経験上初めての試みだったので期待と不安半分半分ではありましたが
一定の方向性は個別に示せたのではないかと思います。

また、発見として、数年陸上を専門にする大学生の
身体制御に似た傾向があることがわかったことは
今後のスポーツ、仕事での身体の見方、評価に
とても有益な結果となりました。

これを一つの材料に冬期練習に励み
来シーズン結果が出ることを期待します。

長い時間お疲れさまでした。
(集中しすぎて写真を撮るのを忘れました。ご容赦を。)

失敗を失敗と捉える

新型コロナウイルス感染拡大による東京オリンピック延期後初めて
国内でオリンピック競技の国際大会、体操・日米中露4カ国国際交流大会が週末行われました。

大会直前にPCR検査偽陽性のアクシデントがあった
内村航平選手のコメントが印象に残りました。

当たり前ではないことを当たり前にしなければオリンピックは開催できない。

競技だけに専念すれば良かった今までの当たり前に加えて
新型コロナウイルス感染や拡大を防ぐため、密を避けた距離確保や細かい消毒など
当たり前ではなかったことに注力しなければならなことは
相当なエネルギーが必要だということを理解しました。

新型コロナウイルスが日本で初めて確認されて約10ヵ月ですが
何をすれば感染、拡大しないか絶対的な正解はなく
しかし、手洗い、マスク、3密回避、外出控えなど
徹底すれば高い確率で防ぐことができることもわかってきました。

最近、「失敗の科学」という本を読みました。

概要は、失敗が起きる原因、なぜ繰り返されるのか
どうすれば失敗を減らすことができるのかを実例をあげて分析した内容です。

航空業界と医療業界の最悪の失敗=死、のそもそもの捉え方の相違は
悪者探しでは何の解決、改善も得られないことを人は知っていながら
向き合うかどうかで失敗を失敗で終わらせるか、次の失敗を回避できるか
答えは正反対になることを教示しています。

私の仕事は死と直結はしませんが
失敗は何か?を問えば、患者の意向に近付かないことだと思います。

可視化は難しいですが、少なくとも施術者の(当たり前と思っている)型に収めることではなく
可能なもしくは考えられ得る治療をもって、患者の訴えの多くを満たすことです。

功績を成す(成功する)には、まず何が失敗かを考え
失敗したら失敗と捉え、新たな方向にエネルギーを投入するということです。

全力

プライベート

週末、娘の通う小学校の運動会がありました。

新型コロナウイルス感染防止のため入場は演者父兄のみの入れ替えで
盛大とは言えませんでしたが、限られた環境で練習してきた様子が伝わり
時間を割いて良かったです。

とても短い時間でしたが、娘は全力でした。
だから帰宅後も満足気でした。

スポーツ観戦然り、何かを見て感動したり清々しい気持ちになるのは
省みたり嘘のない一生懸命をそこに感じるからだと思います。

大人になると、先が読めるようになり、疲れを残すかもしれないと思うと
日常で全力を出すということが限りなくゼロに近くなると思います。

例えば届きそうで届かない鉄棒が公園にあったとして
飛びつく以前に、行為と自分の利害を考えてしまい
ほとんどの大人は飛びつかないと思います。

仮に、トライしても1,2回で届かないとわかれば
止めてしまうのが関の山でしょう。

子どもはそもそも先を読むことが少ないので
何度でもトライするしすぐに全力を出します。

全力はスケールの長さだと思っていて
垂直跳びの最高到達点までの距離のようなイメージです。

普段から全力を出す機会を設けなければ
最高到達点は間違いなく下がります。

体力が衰える大人になればそのスピードに拍車がかかります。

運動に限らず私は思考も同じだと思っていて
答えのない一つの問題は掘り下げるほどに正解に間違いなく近付くし
思考の全力は高まると思っています。

大抵同じ解釈、大抵自分に都合の良いところまでで掘り下げは終わっていて
もう少し進めば解決や新しい発見に至る問題も途中で諦めていることが殆どだと思います。

結局、徐々にスケールは短くなっていき
気が付くと些細なことが一つの引き出しでしか処理できなくなってしまうのです。

リスクを考える前にやってしまえ
と自分に言う私こそその気質を持つと自戒するので
些細なことから全力を出すことを試みています。

大人はやるぞ!と意を決さなければ全力を出せません。

まずは届くはずのない天井に全力で手を伸ばしてみてください。
案外爽快です。

7月の営業日




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
6月の営業日


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



【受付時間】 9:00 ~ 19:00

9:00 ~ 16:00

休鍼日